So-net無料ブログ作成

新春ディスコ。 [音楽]

ずーっとずーっと行きたかったRYUKYUDISKOのライブ。
以前の記事にもチラッと書いたことがあるけど
念願叶って昨夜初参戦してきましたーーーっ!!

はい、もう最高でした(*´∇`*)

22時スタートながらも2時間ほどは別のDJが回してて
ナオトがいたらここはナオトが回すとこなんかな~♡とか思いながら。
その後哲史くんと陽介くんが別々に1時間半ずつ回したんだけど
2人揃ってっていうのがなくて残念。
やっぱり2人揃ってのプレイが見たかったな。

でも、テクノとかDJとかよく分からない私だけどすっごく楽しかった。
リズム感ないなりにも体が自然に動くし
カチャーシーする時なんてホント楽しくて(^^♪
レンジのライブは跳ねるのが専門だけど
皆が思い思いに踊ってるっていうのもいいよね~。

私、初参戦ながらもDJブース最前のど真ん中を陣取ってしまった
隣の女子がプレイ中の哲史くんに握手をしてもらってたから
うぉっ、私もっ!と思ってどさくさに紛れて手を出してみたら
笑顔で握手してくれちゃったよーーー!!
初めて見る生哲史くん。
50cm先のドアップで見られただけで鼻血出そうだったのに、
握手だよ、握手!!

ありえない…。
こんなことってあるんやろうか…。

そして、このありえないことにはまだまだ続きがあって
ライブ終了後、な、な、な、なんと!!
一緒に写真撮ってもらって、サインまでしてもらえた。。。よ(*´∇`*)

 てつしくんと。

 ようすけくんと。

「ピースしてもらえませんか?」と図々しくもお願いした(-д-;)


  本日のフライヤーに書いてもらったサイン。

上のが陽介くんで下のが哲史くん。
哲史くんはひらがな一筆書きで「てつし」と書いてる。
「あーっ、“てつし”ってなっとんや~」って思わず私が言うと
「そう、よく分かったね」って哲史くんが。
こ、これって会話!?もしかして会話できちゃっ…た!?
そんでもって陽介くんは
「今回フライヤー初めて見たけどカッコイイね」って。
「は、はいっ。カッコイイです!」と直立不動で答える私

神様、ありがとうございます!!

ディスコのライブでは普通に行われることなんやろか…。
それともこういう時の田舎開催の強み!?
とにかく、2人ともすごく優しくて気さくで。
いい人だったなぁ~~。しみじみ…。
昨夜のライブ初参戦で益々ディスコが大好きになった♡
ディスコは音楽も人もホントにカッコイイ兄にぃ達だった。
で、私の中で沖縄男子の株が益々上がった(^^ゞ


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

RYUKYUDISKO。 [音楽]

沖縄出身のテクノユニットRYUKYUDISKO


そもそも私がRYUKYUDISKOに興味を持ったのは、彼らがORANGE RANGEギターのNAOTOの双子のお兄ちゃん達だったから。
そして、沖縄音楽とテクノを融合させたという彼らの音楽に沖縄好きの血が騒いだ
早速アルバムを購入して聴いてみると、おおっホントに沖縄情緒たっぷりのテクノではないかっ!
テクノというジャンルはよく知らないし、どちらかと言えば苦手な感があったんだけど。
ゆったりしたイメージのある沖縄音楽がすごくリズミカルになってて、なんか踊り出したい気分。
へぇ~、テクノだと沖縄音楽がこんな風になるんやね~~。その斬新さが衝撃的だった。
たぶん実際ライブ行ったら楽しめるんだろうなぁ、行ってみたいな~とずっと思ってて、最近ツアーがあったものの残念ながら都合が合わず断念
しかし!そのツアー最終日、那覇のCLUB mnDでの模様が昨夜TVで放映されるとの情報を教えていただき、心躍らせて拝観
うぉーーっ、楽しそうだ!期待どおりに楽しそうだ!!
聞いてたとおり皆ライブでカチャーシー踊ってるし、楽しそーーう(*´∇`*)
これは絶対にライブ行かなきゃ!行って、私もオキナワンテクノでカチャーシーだ

3ヵ月連続リリースの第1弾シングルが13日に発売され、第2弾は7月11日発売。
第2弾はなんとfeat.MONGOL800。
沖縄×沖縄。これは、めっちゃ楽しみですな~~♪♪ 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

かりゆし58 『アンマー』 [音楽]

昨日のめざましテレビで、かりゆし58の『アンマー』を久々に聴きました。

アンマーとは沖縄でお母さんのこと。一昨日が母の日だったからですね。                  ワンフレーズ聴いただけだけど、やっぱりウルッときちゃいました。

私がかりゆし58の歌を初めて聴いたのは、                                   昨年末沖縄市で開催された‘カウントダウンOKINAWA’。                          いい感じのバンドだなぁと思って聴いていた数曲後、アンマーを聴くやいなや涙が溢れ出てきました。 もう号泣。こんなに泣いたら恥ずかしいと思ったけど、まわりの人も結構泣いてました。

母親のまさに無償の愛を感じる歌です。
私自身そんなことには気付かず、今まで本当に好き放題無理ばっかり言ってきました。         でも、それを何だかんだ全て受け入れ、いつも心底心配してくれた母親。                  最近ようやくそんな母親の偉大さに気付き、感謝の気持ちが持てるようになってきました。        この歌が気付かせてくれたのかもしれません。

「アナタのもとに生まれ落ちたことは  こんなにも幸せだった                            今頃ようやく気付きました  こんな馬鹿な私だから」 という歌詞が最後の方にあります。                                        アンマーを聴くとその歌詞に共感し、こういう気持ちになる人は多いと思います。                      あたたかい涙の出る歌です。ぜひ聴いて欲しいです。

母の日にこの歌をプレゼントするのはまだ恥ずかしいけど、                         私がお嫁にいく時母に捧げたいです…

ウージの唄

ウージの唄

  • アーティスト: かりゆし58
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2006/09/13
  • メディア: CD

           

アンマー

アンマー

  • アーティスト: かりゆし58
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2006/08/14
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。